お知らせ

国際的なセキュリティ基準「P2PEソリューション」認定機器 ラインナップ追加のお知らせ

株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス(本社:東京都中央区、代表取締役:大高 敦、以下、TMN)は、「PCI P2PE※1 ソリューション」のプロバイダ認定機器に特定加盟店向け組込用機器ICM330を追加いたしました。

「PCI P2PE」はPCI SSC※2が定める国際的な情報セキュリティ基準で、クレジットカード情報を決済端末とセンター間で暗号化させて送信する方式です。TMNは2018年に、クレジットカード決済サービスの提供にともない、国内で初めて「PCI P2PEソリューション」のプロバイダ認定を取得しています。この度、特定加盟店向け組込用機器ICM330を追加することにより、TMNの「PCI P2PEソリューション」対応機種ラインナップは以下4種類となりました。

【TMNの「PCI P2PEソリューション」対応機種】

  • JT-R600CR mk1
     (Panasonic製:4-10208)
  • JT-R600CR mk2
     (Panasonic製:4-30346)
  • UT-X10
     (TMN製:4-70035)
  • ICM330 GEN5
     (日本電産サンキョー製:4-70039)

割賦販売法改正により、クレジットカード取引を行う加盟店は、カード情報の非保持化または、PCI DSSの準拠が義務付けられました。加盟店がTMNの「PCI P2PEソリューション」を導入することで、カード情報の非保持化と同等/相当のセキュリティ措置の実現に加え、PCI DSSの取得要件を約10分の1以下に縮小することが可能となります。
TMNは、これらの取組みにより、加盟店へ、カード情報漏洩リスクの低減と認定取得負荷の軽減に貢献いたします。

TMN P2PEソリューション

TMNは、これからもお客様の要望に信義に応え認定機器ラインナップを増やしていくとともに、さらなるセキュリティ強化へ取組みを続けてまいります。

※1 PCI P2PE:PCI Point-to-Point Encryptionの略。P2PEは決済端末とセンター間でカード情報を暗号化させるセキュリティ方式でPCI P2PEはPCI SSCが定めたP2PEのセキュリティ基準。
※2 PCI SSC:PCI Security Standards Councilの略で、国際カードブランド5社が共同で設立した、PCI関連基準の策定・維持、普及と実施に関する運用及び管理を行う団体。

PDF版はこちらです。

本件に関するお問い合わせ:
株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス
経営戦略室 広報
お問い合わせはこちら https://www.tm-nets.com/contact/