お知らせ

【キャッシュレス決済市場動向レポート】 2020年10月~12月(3Q)

株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス(本社:東京都中央区、代表取締役:大高 敦、以下、TMN)は、2011年にクラウド(シンクライアント)型電子決済における国内初の商用化を実現して以来、電子マネーを中核にクレジット、QRコード、プリペイド等の決済手段をワンストップで提供するキャッシュレス決済インフラプロバイダです。
今般、キャッシュレス決済の動向実態把握のため、TMNのゲートウェイを通じて処理された決済データの集計・分析を行いました。本集計・分析結果が、キャッシュレス決済及び消費行動に関するひとつの気づきとして活用いただけると考え、レポートを公開いたします。

<分析対象>
本レポートはTMNのゲートウェイを通じて決済されるクレジット、電子マネー、QRコード決済の内、月間約1億件の電子マネー決済件数と、QRコード決済件数を集計・分析したものです。
期間:2020年10月1日~2020年12月31日
対象:TMNゲートウェイを通じて決済された電子マネー決済、QRコード決済

電子マネー 利用実績推移(件数)2020年10月~12月

電子マネー決済は引き続き伸びております。
但し、Go Toキャンペーンの一時停止等コロナウィルスの影響か、伸長率は2%とやや低下しています。
直近の年末については、スーパーやドラッグストアが伸びている一方、飲食店は減少しております。

電子マネー 業種別 利用実績推移(件数)2020年10月~12月

■堅調に推移した業種:
スーパーマーケットドラッグストア
順調に伸びています。特にドラッグストアは業態そのものの伸びに加え、1か所で買い物が済ませられるミニスーパー化がコロナ禍において奏功しているとみられます。
百貨店
伸びは鈍化しているものの前年超えとなりました。
ホテルレジャー・アミューズメント
自粛ムードの解放からか11月中旬までは順調に推移していましたが、新型コロナウィルスの第三波到来、Go To トラベル全国一時停止に合わせるように軟化、その後、クリスマスや正月のイベントシーズンには持ち直しております。ホテルは、前年より減少しているものの、年越し旅行ニーズは一定数あったようにみられます。
ホームセンター
外出抑制による巣ごもりニーズからか、伸びは順調で、約6割増となりました。
書店・CD/DVD
大手書店やレコードショップのイベント自粛の影響か11月、12月は軟化。爆発的人気コミックの発売日前後には鋭角な山がみられます。

■軟調に推移した業種:
コンビニエンスストア
9月中旬から前年割れが続いています。在宅勤務や外出抑制の定常化、消費者還元の反動、QRコード決済へのシフトなどが要因として考えられます。
飲食店
Go To イート開始時期から上昇基調でしたが、年末にかけキャンペーン一時停止や時短営業なども実施され、伸びは小幅でした。年末の落ち込みは例年通りのトレンドで、年末に多数の人が家で過ごすためと推測されます。

スーパーマーケット

ドラッグストア

飲食店

百貨店

ホテル

レジャー・アミューズメント

コンビニエンスストア

ホームセンター

書店・CD/DVD

QRコード 利用実績推移(件数)2020年10月~12月

QRコード決済は非接触決済の定着からか、伸長傾向が続いており約5割増となりました。特に飲食店の伸びが著しくGo To イートの影響とみられます。

スーパーマーケット

コンビニエンスストア

ドラッグストア

飲食店

※個人および利用店舗が特定されないよう個人情報保護法および関連法を順守し、分析をおこなっています。
※TMNゲートウェイのデータのみを分析したものであるため、実態の傾向とは異なる可能性がございます。
※本レポートの考察はTMNの想定見解であり、確定事項ではございません。

PDF版はこちらです。

本件に関するお問い合わせ:
株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス
経営戦略室 広報
お問い合わせはこちら https://www.tm-nets.com/contact/